13.国内旅行の食品のお土産に関するアンケート

旅行や仕事で日本のいろいろな場所に行くのは楽しいものですね。(中には楽しくない方もおられるかもしれませんが…)
お土産を買うのが旅の楽しみの一つという方も多いはず。

今回は、国内旅行の食品のお土産購入に関するアンケートを実施しました。
「お土産の下調べはする?」「自分用に買うとき、人にあげる用に買うときで違ってくる重視するポイント」「もらってうれしいお土産」「惹かれるキーワード」などの、リアルな声をお届けします。計988人回答。


回答者数:988人
実施期間:2015年5月9日~2015年5月19日


【準備万端?】お土産の調査下調べをする人はけっこう多い!?

お土産を買う際にネットや情報誌などで下調べをするか聞いたところ、全体では、「良く調べる」が11%、「ときどき調べる」が34%、「ほぼ調べない」人が51%という結果に。男女別では、「良く調べる」は女性が15%なのに対し、男性は6%と、女性の方がお土産に対しての事前調査が念入りなようです。年代別では、30代女性が最もよく調べるという結果に。

<全年代>

【準備万端?】お土産の調査下調べをする人はけっこう多い!?

<女性全年代>

【準備万端?】お土産の調査下調べをする人はけっこう多い!?

<男性全年代>

【準備万端?】お土産の調査下調べをする人はけっこう多い!?

【使い分け】お土産購入の際、重視するポイントを「自宅や自分」「職場や友人など、自分以外」の用途で比較!

国内旅行でお土産(食品)を選ぶ際、重視するポイントはなんですか?の問いに、自分用では1位「味がおいしい」、2位「名産品や名物である」、3位「自分の好きな食べ物」となりました。あげる用は1位「味がおいしい」と2位「名物や名産品である」がほぼ同数となっており、3位に「個包装」、4位に「賞味期限の長さ」が入りました。

全年代

<自分用>

【使い分け】お土産購入の際、重視するポイントを「自宅や自分用」「職場や友人など、自分以外」の用途で比較!

<ギフト用>

【使い分け】お土産購入の際、重視するポイントを「自宅や自分用」「職場や友人など、自分以外」の用途で比較!

女性全年代

<自分用>

【使い分け】お土産購入の際、重視するポイントを「自宅や自分用」「職場や友人など、自分以外」の用途で比較!

<ギフト用>

【使い分け】お土産購入の際、重視するポイントを「自宅や自分用」「職場や友人など、自分以外」の用途で比較!

男性全年代

<自分用>

【使い分け】お土産購入の際、重視するポイントを「自宅や自分用」「職場や友人など、自分以外」の用途で比較!

<ギフト用>

【使い分け】お土産購入の際、重視するポイントを「自宅や自分用」「職場や友人など、自分以外」の用途で比較!

【実は】こんなものを貰うとうれしい!

貰ってうれしいお土産は?との問いには、1位「味がおいしい」、2位「名産品や名物である」、3位「自分が好きな食べ物」と、「自分用に買うお土産」と似た結果となりました。また、「自分用」や「あげる用」と比べて「手に入りにくい」が大幅に票を伸ばしました。

<全年代>

【実は】こんなものを貰うとうれしい!

<女性全年代>

【実は】こんなものを貰うとうれしい!

<男性全年代>

【実は】こんなものを貰うとうれしい!

【実は】こんなキーワードに惹かれる!

人は限定品に弱いと言いますが、やはり、「地域限定」がダントツの1位でした。ここに行った人しか買えないのがお土産の醍醐味ですね!
さらに、「地元素材使用」「期間限定」などのキーワードが人々の心をくすぐるようです。40代50代の男性は、同じ年代の女性と比較して「キーワードに惹かれることはない」人が多かったです。

<全年代>

【実は】こんなキーワードに惹かれる!

<女性全年代>

【実は】こんなキーワードに惹かれる!

<男性全年代>

【実は】こんなキーワードに惹かれる!

属性に関するデータ

男女比
男性: 448人(45%)
女性: 540人(55%)
年代比
10代: 7人(-%)
20代: 86人(9%)
30代: 235人(24%)
40代: 385人(39%)
50代: 225人(23%)
60代: 47人(5%)
70代: 2人(-%)
婚姻比
未婚: 470人(48%)
既婚: 518人(52%)
職業比
会社員: 469人(47%)
主婦: 176人(18%)
無職: 70人(7%)
自営業: 55人(6%)
学生: 12人(-%)
公務員: 30人(3%)
その他: 176人(18%)
地域比
東京都: 136人(14%)
岡山県: 147人(15%)
神奈川県: 89人(9%)
埼玉県: 73人(7%)
大阪府: 62人(6%)
福岡県: 56人(6%)
千葉県: 53人(5%)
愛知県: 52人(5%)
宮崎県: 30人(3%)
その他: 290人(29%)