ワンプレート朝食に挑戦!

数年前からSNSで流行っている「ワンプレート朝食」。文字通りワンプレート、一皿に主菜や副菜、汁物、デザートすべてを盛り付けます。
 
おしゃれなモデルさんやデザイナーさんが一皿に盛り付けられた美しい朝食をInstagramでアップしているのを見て、「素敵だな~おいしそうだな~・・・でも、私には朝からこんなことできない」と思い込んでいました。
 
でも・・・本当にできないかな・・・と思ったらやってみたくなる天邪鬼な私。ひとまずちょっとトライしてみました。
 
第1作目が、これでした。

やろうと思ったらできました!朝からこんなにいろいろ食べられる楽しさと幸せ。その気持ちをシェアしようと思ってfacebookにアップしました。すると友達から
「おいしそうだけど、もっと大きなお皿を使って、余白を作った方がいいよ!」
というアドバイスがきました。こういう時、SNSってうれしいですよね。
 
そこで、2まわり大きな皿を使い、さらにいろいろな工夫を始めました。限られたスペースと朝の時間の中で美味しい朝食を作る…この制限が私のクリエイティブ魂を燃え上がらせます!



写真を撮って、美味しく食べて、通勤の電車の中でInstagramとFacebookにアップ。友達から「本当に朝からこんなことやってるの!?」と驚かれるのもうれしかったりして(笑)。
 
もちろん、一から作っていたら会社に間に合いません。朝の時間で使えるのは、調理10分、食べるのが20分、片付け10分弱。前の日から何にするか決めて、あとは皿に載せるだけにするための準備をしておいたり、土日に常備菜を作っておいたり、どんどん工夫をしはじめるんですよね。結局は「どうしたらできるかな?」を積極的に考えることが大切なんだって、改めて思いました。


美味しさ、食感、彩りのバランスを考えながら、しかも手早く、出来立てのモノは出来立てのタイミングで、後片付けもなるべくサッとできるように段取りして…こう書いてしまうと「なんだか料理って難しい」となってしまいますが、「美味しいモノを食べたい」というモチベーションは、脳みそをフル回転してくれます。そうやって新しい自分を発見していく・・・それもまた、料理の楽しみです。

2016年10月