当社オリジナルCMS「DNT」

第一紙行オリジナルCMS(簡易更新システム) DNT

 背景  近年のWEBサイトは、レスポンシブデザイン対応のCMSがスタンダード

  1. ランニングコストの削減や、タイムリーな更新環境を確保するレスポンシブデザイン*1 に対応したCMS*2 が基本になっています。
  2. 無料のオープンソース*3 型のCMSが人気で、さまざまな機能を付加できる有料・無料のプラグインや、デザイン性の高いテーマなども利用することができます。

2017年には、個人がインターネットを利用する機器の調査で、スマートフォンが54.2%、パソコンが48.7%と、初めてスマートフォン利用がパソコンを上回りました。
参考:「平成29年通信利用動向調査結果」2018年5月25日総務省

 課題  頻繁なアップデートでのトラブルとコスト

  1. オープンソースは、機能の進化・充実は早いですが、攻撃対象になりやすく、脆弱性を回避するためのCMS本体に対して速やかなセキュリティアップデートを実施しなければいけません。
  2. 自動でアップデートできる機能をもつCMSもありますが、使用しているプラグインが新しいバージョンに対応していない場合は、自動アップデートにより、表示や機能の不具合を起こしてしまいます。
  3. CMS本体の新しいバージョンへのアップデートにより、プラグイン自体もアップデートしなければならない場合があり、CMSに精通している人がいなければ、手間とコストがかかることになります。

 解決  ストレス・フリーCMS、
それが第一紙行オリジナルCMS「DNT(ドント)」です

 ⇒⇒⇒  ①オープンソース型CMSではないので、攻撃を受けにくい

 だから  ②頻繁なアップデートの必要がない *4

 だから  ③ランニングコストとトラブルリスクを大きく削減

 さらに   ④オーダーメイドに近いCMS設計で、シンプルで入力しやすく使いやすい

DNTの基本機能
基本スペック
ページ数 ~300ページ/1サイト
ドメイン数 1つのドメインにつき、1CMS
サーバー 1サーバー
ユーザー数 10ユーザー
ページ生成 動的
管理画面
推奨ブラウザ Windows 10:Firefox、GoogleChrome
Mac OS X:Safari、Firefox、GoogleChrome
ユーザー作成 〇(10ユーザーまで)
記事公開タイマー機能
カテゴリ分け
WYSIWYGエディタ テキストの装飾(フォント・サイズ・色・背景色・太字・斜体・訂正線・左揃え・右揃え・中央揃え・)、画像アップロード(JPEG、GIF、PNG)、PDFアップロード、リンク追加、表組、水平線、絵文字、YouTube動画埋込、HTML直接入力 等
画像管理・削除
定型入力機能 有料オプション
自動バックアップ 有料オプション
操作ログの閲覧 有料オプション
自動バックアップ 有料オプション
サイト
レスポンシブ対応 パソコン、スマートフォン
利用例 ニュース、商品一覧、店舗一覧、事例紹介、社員ブログ、災害時などの緊急のお知らせ 等
GoogleMapの掲載 有料オプション
ショッピング機能 有料オプション(対応しているのショッピングカートとの連携)
サイト内全文検索 有料オプション

お問い合わせはこちら

*1 レスポンシブデザイン…1つのページでパソコン・スマホそれぞれに見やすいデザインに変化するサイトづくりのしくみのこと。検索エンジンからの評価があがりやすかったり、更新作業やコストが一元化できるなどのメリットがあります。
*2 CMS…Contents Management System (コンテンツ・マネジメント・システム)の略。サイトが簡易に更新できるシステム。プログラムやWEBの技術的な知識がなくても、テキストや画像などの「コンテンツ」を用意すれば更新できるようになっています。
*3 オープンソース…公に開示し、個人・商用にかかわらず自由に利用・開発できるスタイルのプログラムのこと。無償で高機能なシステムを利用することができるメリットと、脆弱性を攻撃されやすいデメリットがあります。
*4 サーバー環境が変更されなければ、頻繁なアップデートは必要ありません。また、脆弱性が発見された場合は、速やかに無料でセキュリティアップデートいたします。