+SHICO その「伝えたい」を、ちゃんと伝える。
+SHICO その「伝えたい」を、ちゃんと伝える。

松野醤油株式会社 様 の事例

「変えない」という選択

松野醤油を紐解き、現状のデザインにコンセプトを与え、よりブランドが伝わる仕様に。別のデザイン案も、他商品に採用されました。
クライアント名
松野醤油株式会社 様
業種
醸造業
ターゲット
京都居住者
販売・サービス内容
醤油・もろみ・ぽんず・味噌・佃煮
販売・サービスエリア
京都本店・百貨店
制作ツール
ラベル
クリエイティブのポイント
  • 京都で愛されてきた馴染みのイメージを残す
  • 二百余年の歴史を誇る老舗の貫禄を
  • ブランドをより伝わりやすく

Story 01

松野醤油を紐解き、そして表現へ

「松野醤油」からイメージする要素をプランナーとデザイナーで率直に抽出して言葉で表現。形だけのデザインではない、考え方を伴ったデザインでブランディングにつなげています。


 
A案

先方からの要望に最も沿ったパターン。現状のデザインを継承しつつも、より消費者に情報が伝わりやすいよう、ロゴマークと「昔づくり」の文字をプラスして構成。

 

B案
創業文化二年の「老舗」を表現するため、“暖簾”をモチーフにデザイン。創業年を含む社名ロゴを使用した。ラベルの色は現状を維持しつつも、味わいに呼応した色味に変更。

 
C案
「地域性」をクローズアップ。本店の地「洛北鷹峯」の風土をデザインした。縁起物である松葉のモチーフを使って鷹峯の山を表現。

Story 02

変えないという選択


現状ラベルの色使い、デザインを基本としたA案が採用されました。馴染みのお客様の親近感を裏切らないデザインが、松野醤油様の考え方にぴったり一致。外見上はマイナーチェンジですが、コンセプトありきのリニューアル。これも一つのブランディングのカタチです。

Story 03

私たちのデザイン力が、新しいアイテム受注へ

昔づくりしょうゆリニューアルのB案も先方の心に響き、「丸大豆しょうゆ」のラベルリニューアルにつなげることができました。